曇り空の大地に立つ 1 基の風車 山々を望む砂漠の一角に敷き詰められたソーラーパネル

Google 環境報告書 2017

2016 年は Google にとって大きな節目の年でした。
10 年連続でカーボン ニュートラルを達成し、2017 年には世界中で消費する事業用電力の 100% 相当の再生可能エネルギーを購入する見込みであることを発表しました。

PDF ですべて表示

環境的に持続可能な方法で事業を運営していくことは Google の中核をなす価値観です。誇るに足る成果は多いものの、重要な課題も数多く残されています。美しくより良い未来を次の世代に引き継げるよう、Google はこれからも真摯に環境に取り組んでいきます。

この報告書には 2016 年 12 月 31 日時点で有効なデータと情報が含まれています。

曇り空の大地に立つ 1 基の風車
Google オフィスのオープン スペースで、一面が植物で覆われた壁の前に立ち、手にしたノートを熱心に読む若い女性

データセンターの効率改善により、優れたサービスをより持続可能な方法で提供することが可能になります。

Google は 10 年以上にわたり、自社のデータセンターのエネルギー効率を世界最高水準に押し上げるべく取り組んでおり、Google サービスへの需要が飛躍的に増えている中で環境パフォーマンスも向上させています。データセンターの設計、建設、運用を通じて、エネルギーや水などの資源の利用効率を最大限に高めることで、こうした実績をあげてきました。

あらゆる電力消費を効率化する。

エネルギー使用量を削減するために、Google は、データセンター全体の電力消費を少しでも効率化することで、世界で最もエネルギー効率に優れたコンピューティング ネットワークを構築しようとしています。

こうした取り組みは着実に実を結び、Google のデータセンターは現在、通常のデータセンターと比べて平均で 50% も少ないエネルギー量で稼働しています。Google のこの高効率構造は、PUE の値にも表れています。

データセンターの効率化の詳細

全データセンターの平均 PUE
  • 12 か月間の PUE
  • 四半期単位の PUE
PUE
  • 1.26
  • 1.22
  • 1.18
  • 1.14
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • これらのピークは、データセンターの冷却用エネルギーが余計に必要になる夏に発生します。

  • 過去 5 年間、全データセンターの PUE は 1.12 で一定しています。

    2016 年、世界中の Google データセンターの年間平均 PUE は 1.12、業界の平均値は 1.7 でした。つまり、Google のデータセンターでは、間接的エネルギーの使用量を業界平均の約 6 分の 1 に抑えているのです。

  • データセンター業界では、PUE(Power Usage Effectiveness)という指標を使ってエネルギー効率を測定します。PUE が 2.0 の場合、IT 機器が消費する電力 1 ワットに対し、それらの機器の冷却や電源分配のためにさらに 1 ワット消費されていることを意味します。PUE の値が 1.0 に近いほど、ほぼすべてのエネルギーがコンピューティングに使用されていることになります。

  • 1.12
全データセンターの平均 PUE
  • 12 か月間の PUE
  • 四半期単位の PUE
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
PUE
  • 1.26
  • 1.22
  • 1.18
  • 1.14
  • これらのピークは、データセンターの冷却用エネルギーが余計に必要になる夏に発生します。

  • 過去 5 年間、全データセンターの PUE は 1.12 で一定しています。

    2016 年、世界中の Google データセンターの年間平均 PUE は 1.12、業界の平均値は 1.7 でした。つまり、Google のデータセンターでは、間接的エネルギーの使用量を業界平均の約 6 分の 1 に抑えているのです。

  • データセンター業界では、PUE(Power Usage Effectiveness)という指標を使ってエネルギー効率を測定します。PUE が 2.0 の場合、IT 機器が消費する電力 1 ワットに対し、それらの機器の冷却や電源分配のためにさらに 1 ワット消費されていることを意味します。PUE の値が 1.0 に近いほど、ほぼすべてのエネルギーがコンピューティングに使用されていることになります。

  • 1.12
サーバールームで下を向いて床のハッチを持ち上げる男性従業員
Google データセンターのサーバーラックのクローズアップ

認証に裏付けられたスマートなエネルギー管理。

Google は、北米で最初にマルチサイトの ISO 50001 エネルギー マネジメント システム認証を受けた企業です。2016 年現在、Google は所有するデータセンター 12 か所で ISO 認証を取得しています。これらのデータセンターの IT エネルギー使用量は Google 全体の 98% を占めており、認証の取得は Google が継続的にエネルギー効率の向上に取り組んでいることの証と言えます。

テクノロジーの生産寿命を延ばすための取り組み。

Google は、自社データセンターから出る埋立廃棄物をゼロにすることを目指して取り組んでいます。たとえば、ハードウェアを再生・再製造する、自分たちが出すゴミの量を減らす、リサイクルや再販売といった有効な処分方法を見つけるなどの活動を行っています。

2016 年には、世界中の Google データセンターから埋立地に送られる廃棄物の量を 86% 削減しました。

埋立廃棄物ゼロへの取り組みの詳細
Google の循環経済の図
  1. Google のデータセンター
  2. リサイクル
  3. 再生
  4. 再利用
4 台のサーバーとネットワーク ケーブルの超クローズアップ

注目のストーリー

TPU: エネルギー消費を大幅に削減する小さなパッケージ。

機械学習は Google のさまざまな代表的アプリケーションの機能強化に貢献しますが、演算処理に多大なエネルギーが必要となります。

再生可能エネルギーへの移行を加速する。

Google は、エネルギー効率を向上するだけでなく、再生可能エネルギーなどクリーンな電力源から生まれるエネルギーを購入することも最優先にしてきました。クリーン エネルギーに対する Google の支援は、自社の二酸化炭素排出量の削減と密接に関連しています。事業運営の効率向上、再生可能エネルギーの購入、質の高いカーボン オフセットにより、Google は 2007 年以降ずっとカーボン ニュートラルを達成しています。

  • 黄褐色の砂漠の中を蛇行する緑色の河川の航空写真

    2007

    カーボン ニュートラルの実現を目指し、二酸化炭素の年間排出量を実質ゼロにするために初めてカーボン オフセットを購入しました。

    Google のマウンテンビュー キャンパスに広がるオフィスの一部を上から見た写真 Google のキャンパスで緑と黄色の Google 自転車に乗る男性と女性

    ベイエリアにある Google 本社の屋上に、1.6 MW の電力をまかなえるソーラーパネルを設置。当時、企業が導入する太陽光発電システムとしては最大規模の設備でした。

  • アイオワ州の緑の大地に広がる Story County II の風力発電地帯の航空写真

    2010

    アイオワ州の風力発電事業者、Story County II と 20 年間の電力購入契約(PPA)を締結し、事業運営に必要な電力用として初めて再生可能エネルギーを購入しました。

    ノースダコタ州にある Pearl Garden の風力発電地帯の航空写真 砂漠で太陽光を集めるソーラーパネル

    Google は、クリーン エネルギー市場の拡大にも貢献し始めます。170 MW を発電するノースダコタ州の Peace Garden という風力発電事業者に対し、コミットメント総額 3,900 万ドルの投資を行いました。これは、再生可能エネルギーを対象とした Google 初の株式投資でした。

  • 緑が広がるゆるやかな丘陵地に立つ風力タービンを上から見た写真

    2014

    事業運営用として購入した再生可能エネルギーの累計が 1 GW を超えました。

  • 山々を背にする砂漠に設置された、発電所のソーラーパネル 風力タービン 1 基を上空から至近距離で撮影した写真

    2015

    再生可能エネルギーに対する累積投資額が 25 億ドルに達しました。

  • 緑が広がるゆるやかな丘陵地に立つ風力タービンを上から見た写真

    2016

    564 MW の再生可能エネルギーに対する PPA を締結。Google が締結した PPA は計 20 件、購入した再生可能エネルギー量は累計 2.6 GW となりました。

  • 太陽光発電施設のソーラーパネルを上空の至近距離から撮影した写真
    Google は 10 年連続でカーボン ニュートラルを達成し、2017 年には世界中で消費する事業用電力の 100% 相当の再生可能エネルギーを購入する見込みであることを発表しました。
    曇り空の大地に立つ 1 基の風車

Google は 10 年前から、素晴らしいパートナーと提携してカーボン ニュートラルを達成しています。

過去 10 年間に 40 件以上のカーボン オフセット プロジェクトと協力し、1,600 万メートルトンの二酸化炭素排出量をオフセットしました。

カーボン オフセット プログラムの詳細
1
0
M

オフセットされた CO2 排出量(単位: メートルトン)

風力タービン 1 基を上空から至近距離で撮影した写真

注目のストーリー

風力エネルギーを分け合う、オランダでの取り組み。

Google は、オランダの企業 3 社(AkzoNobel、DSM、Philips)とのコンソーシアムを結成し、同国内で新たに始める 2 つの風力発電プロジェクトから共同で電力を調達することにしました。

環境に良い持続可能な職場をつくる。

製品を設計するときはユーザーに焦点を当てます。それと同じように、健康に良い職場を設計するときは従業員に焦点を当てます。

健康に良い職場を設計する。

2016 年末時点で、Google オフィスのうち 865,494 平方メートルが LEED 認証(建築物や都市の環境性能認証)を受けています。Google では、業界をリードするグリーン ビルディング基準を可能な限り適用するとともに、Healthy Building Network と共同で開発した製品データベース兼ワークフロー ツール Portico を、毒性のない物質の評価に役立てています。

健康に良い建物を作るためのツールの詳細(新しいウィンドウで開きます)

LEED 認定を受けた累積オフィス スペース
  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
M2
  • 80 万
  • 60 万
  • 40 万
  • 20 万
  • 2011

    プラチナ: 17%
    ゴールド: 69%
    シルバー: 14%

    2011
  • 2012

    プラチナ: 19%
    ゴールド: 75%
    シルバー: 6%

    2012
  • 2013

    プラチナ: 23%
    ゴールド: 63%
    シルバー: 14%

    2013
  • 2014

    プラチナ: 26%
    ゴールド: 59%
    シルバー: 15%

    2014
  • 2015

    プラチナ: 31%
    ゴールド: 58%
    シルバー: 11%

    2015
LEED 認定を受けた累積オフィス スペース
  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
平方メートル
  • 80 万
  • 60 万
  • 40 万
  • 20 万
  • 2011

    LEED 認証を受けた面積
    プラチナ: 17%
    ゴールド: 69%
    シルバー: 14%

    2011
  • 2012

    LEED 認証を受けた面積
    プラチナ: 19%
    ゴールド: 75%
    シルバー: 6%

    2012
  • 2013

    LEED 認証を受けた面積
    プラチナ: 23%
    ゴールド: 63%
    シルバー: 14%

    2013
  • 2014

    LEED 認証を受けた面積
    プラチナ: 26%
    ゴールド: 59%
    シルバー: 15%

    2014
  • 2015

    LEED 認証を受けた面積
    プラチナ: 31%
    ゴールド: 58%
    シルバー: 11%

    2015
  • 2016

    LEED 認証を受けた面積
    プラチナ: 34%
    ゴールド: 54%
    シルバー: 12%

    2016
LEED 認定を受けたオフィス スペース(2011~2016 年の累積)
  2011 2012 2013 2014 2015 2016
プラチナ 17% 19% 23% 26% 31% 34%
ゴールド 69% 75% 63% 59% 58% 54%
シルバー 14% 6% 14% 15% 11% 12%
農作物が並ぶ棚の間でクリップボードに目をやる男性
黒の作業着を着て、グレーのカートで食材を計量する人

無駄に買わなければ廃棄も減らせる。

廃棄食品を減らす最も効果的な方法は、最初から余分に買わないことだとわかりました。社内のカフェテリアのデータを分析して無駄を省いた結果、食品廃棄物を 700,000 kg も削減することができました。

食品廃棄物削減の取り組みの詳細 (新しいウィンドウで開きます)

ライドシェアで資源を節約する。

Google がベイエリアで提供するシャトルバスや電気自動車の利用により、2016 年だけで 33,000 メートルトンの二酸化炭素排出量を削減できました。これは、6,500 台の車を毎日利用した場合に 1 年間に排出される二酸化炭素量に相当します。

二酸化炭素排出量の削減 =

6
.
0
K

台の車を毎日利用した場合に相当

Google のシカゴオフィスに飾られたシカゴ劇場の壁画

注目のストーリー

フルトン マーケット: 健康に良い職場を作る

Google シカゴオフィス(別名「フルトン マーケット」)は、LBC(Living Building Challenge)の Materials Petal 認証を受けた初めての Google オフィスです。また、現時点で世界最大の LBC 認証プロジェクトでもあります。

ユーザーにテクノロジーを提供すれば、ともに協力して、もっと多くの成果を上げることができます。

Google は、あらゆる企業、政府、非営利団体、コミュニティ、個人に Google のテクノロジーを提供して持続可能な世界を実現し、気候変動の危機に対処しようと取り組んでいます。

G Suite への切り替えで環境に大きく貢献。

ローカルでホストされるソリューションから G Suite に切り替えた企業では、IT のエネルギー使用量と炭素排出量を 65~85% 削減できたことが報告されています。

8
0
%

IT エネルギー使用量の削減率

Nest Learning Thermostat(ブラック)のクローズアップ
Nest Learning Thermostat が壁にかかっている部屋のテーブルに置かれた観葉植物に水をやる、明るい黄色のシャツを着た幼い子供

エネルギーを節約して、家をもっとスマートに。

Nest Learning Thermostat は、学習アルゴリズムと住宅用冷暖房システムのスマート コントロールを利用して、家庭のエネルギー消費量を減らします。Nest および第三者機関が実施した複数の調査の結果、Nest Learning Thermostat を米国内で利用する家庭では、暖房費を平均約 10~12%、冷房費を平均約 15% 節約できたことがわかりました。

Nest の詳細 (新しいウィンドウで開きます)

大気センサーを屋根の上に装着して郊外の道路を走る Google マップ ストリートビュー撮影車

注目のストーリー

Project Air View: 見えないものを可視化する

Project Air View は、Google が Environmental Defense Fund(EDF)から受けたある依頼をきっかけに始まりました。その依頼とは、メタン検知器を搭載した Google のストリートビュー撮影車を利用して、米国の都市部の地下に張り巡らされた天然ガス パイプラインを対象に、何千か所にも及ぶメタンガスの漏出場所を特定したいというものでした。