水資源に関する取り組み

Google のオフィスとデータセンターで行われている使用量の削減、補給、水質改善への取り組み

澄んだ水面に美しく映る、オランダのエームスハーフェン データセンター。

新鮮できれいな水は地球上で最も貴重な資源のひとつですが、今日では補給される以上の速度で消費されています。

Google は、事業における水の持続可能性を維持、改善するために取り組んでいます。水の安全性と健全な生態系を維持するために緊急アクションを展開しています。

資源に関する取り組み

ベルギーのサンギスランの貯水槽と冷却塔の上に沈む夕日

消費量を超える水を補給する

低い山を背景にした大きな建物のジオデシック ソーラールーフの遠景

(写真提供: C. McAnneny / Heatherwick Studio)

ウォーター スチュワードシップを促進するためのリビングラボ

緑の敷地、線路、道路に隣接する太陽光発電所とソーラーパネル

水の循環利用

雨水の貯水池が夕暮れの光と雲を映し出しているサウスカロライナ州バークレー郡のデータセンター

効率化の推進地域固有のアプローチ

コミュニティ生態系

生い茂った植物に囲まれた展望台にいる犬を連れた人

共有水資源の課題への対応

オレゴン州ザ・ダルズのコロンビア川に沿って立つデータセンターと、夕闇を背景にしたなだらかな丘

資源の健全性の改善

テクノロジーとツール

色鮮やかな三角州の航空写真

(画像提供: CNES / Airbus、Maxar Technologies)

データとしての

地表水の変化を示すデジタル画面を見つめる科学者たち

ストレスの予測防止

花々と灌木の間を抜ける歩道脇の木製ベンチに座っている人を上から見た写真

「ひとつの地球」アプローチ

詳しく見る: Google のウォーター スチュワードシップ

ホワイト ペーパーを見る (新しいウィンドウで開きます)

30 年目に向けた気候変動への取り組みとして、Google はかつてないほど野心的な目標を掲げています。

もっと読む