サーキュラー エコノミーに関する取り組み

サーキュラー エコノミーへの移行を加速する

右側の市街地と左側の密集した木々の間でカーブしている道路の航空写真

Google は、持続可能な世界を実現するにはサーキュラー エコノミーへの移行を加速させる必要があることを認識しています。サーキュラー エコノミーは Google にとって不可欠なものです。Google は、よりクリーンで健全な未来への道は、私たちが日々行う決断によって切り開かれると信じています。そのため、すべての活動において持続可能性を念頭に置き、天然資源をよりスマートに、より効率的に利用するよう努めています。

材料、プロダクト、建設においてサーキュラー エコノミーを実現することは複雑な地球規模の課題です。しかし、Google はこれを人々と地球に配慮したプロセスを構築し、共有する機会であると捉えています。

サーキュラー エコノミーを目指す

消費者向けハードウェア製品を組み立てる労働者。

サーキュラリティの構築

天窓、壁掛け式植物、椅子がある Google オフィスの玄関ホール

Google の職場環境

オレゴン州ザ・ダルズのデータセンター内でマザーボードを組み立てている Google チームのメンバー。

サーキュラー データセンターの設立

Nest サーモスタットの製造と検査を行っている作業員

Made by Google

パートナーを支援する

ハードウェアと電子製品の製造を行っている作業員

ビジネス パートナーを通じて、さらに大きな影響を

土地の区画を縫ってくねくねと伸びる道路の航空写真

プラスチック汚染対策への支援

工場でハードウェアと電子製品の製造を行っている作業員

責任あるサプライ チェーン

人々の活動をサポートする

リサイクルを行う人々のイラスト

Google マップのリサイクル情報

水を使う家庭用電化製品のイラスト

地球のためにできること

家庭用品の絵に囲まれたリサイクル アイコンのイラスト

ホワイト ペーパー環境報告書の公開

詳しく見る: Google における気候変動対策

レポートを見る (新しいウィンドウで開きます)

プラスチック資源循環の格差を埋める

もっと読む (新しいウィンドウで開きます)
1 2025 年に製造されるすべてのプロダクトのプラスチック材の総量(重量)に対する割合として計算された、リサイクル プラスチック材または再生可能なプラスチック材の最小パーセンテージ。プリント回路基板、ラベル、ケーブル、コネクタ、電子部品およびモジュール、光学部品、静電放電(ESD)部品、電磁干渉(EMI)部品、フィルム、コーティング、接着剤は、このパーセンテージの計算から除外される場合があります。再生可能材料は、バイオベースの素材で作られたプラスチックで構成されます。